みはりばん Ver2.1

画面ハードコピー

登録日 1998/6/29
動作環境 Windows95,98,Me,2000
ファイル miha210.lzh
サイズ 40,462 Bytes
解説 ウインドウの状態を監視し、終了又はポップアップの表示を検出し、 コマンド実行、又はWAVファイルを再生します。

長時間かかるファイルのコンバートなど、処理が終了した時に、 メッセージボックスを表示するソフトなら、 実行コマンドにシャットダウン コマンドなどを指定して監視しておきます。
処理が終了しメッセージボックスが表示されると、 自動的に電源を切るなどのことが可能になります。

履歴

Ver 2.1 (2002/12/8)
-Eオプションに実行待ち秒数指定を追加
コマンドライン指定がある場合、多重起動を許可
Ver 2.00 (2002/12/1)
クラス名・ウインドウ名の内容もINIファイルへ保存
コマンドラインオプションの機能を追加 (INIファイルを指定、起動後監視実行、他)
Ver 1.20 (2002/8/12)
ウインドウの入力可/不可の監視を追加
(処理中にボタンが入力不可になるウインドウなどに対応)
Ver 1.10 (1998/6/29)
子ウインドウの数を監視する
ウインドウタイトルの変化を監視する
監視項目を指定可能
Ver 1.02 未公開
システムのフォントサイズによってはボタン位置が おかしくなるのを修正
実行ファイル選択画面で表示されるファイルの種類を追加
(*.exe *.com *.bat)
ファイル選択画面で指定済みのファイルを初期表示
Ver 1.01 (1998/6/8)
選択中はアイコン化
参照ボタンで指定済みファイルのディレクトリを表示
ツールチップを追加
Ver 1.00 (1998/6/5)
作成


戻る